三谷幸喜作品と本の虫★あんのよしなしごと

三谷幸喜さんの作品の感想、芥川賞受賞作品を中心とした本の感想、映像作品や音楽の感想などをつづったブログです。

2017年に面白く観たアニメ

2017年は、私にとってアニメ元年でした。

Amazon prime会員になったのを機に、Amazon videoの多くのコンテンツが無料で観られるようになり、『ユーリ!!! on ICE』にはまってしまったのは前述の通り。その後、スマホやタブレットじゃなく大画面で寝転がりながらでも観られるようにと、Amazon Fire TV stickまで買ってしまいました。どれだけAmazonにお金使ってるんだ、私。。。

そういうわけで、「アニメを観る」ことが、余暇の一つとして定着しました。

とはいえ色々つまみ食いして観ていると、結構自分のストライクゾーンが小さいことに気づき、ちゃんと観た作品は少ないです。

自分の覚えも兼ねて、面白く観た作品を書いておこうと思います。

◾️絶園のテンペスト

2012年くらいの作品。魔法使い的なファンタジー物だけど、物語の軸はミステリー。戦闘でも心理戦を展開したり、登場人物がそれぞれ敵なのか味方なのかわかりにくかったりとずっとハラハラしながら楽しめました。主人公の少年二人を『ユーリ!!!』の二人のユーリの声優さんが演じられていて、それがユーリ!!!と真逆のキャラなので声優さんの演技も興味深かったです。 

絶園のテンペスト 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

絶園のテンペスト 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

 

 

◾️Re:CREATORS(レクリエイターズ)

小説やアニメなどフィクションの世界の人物が現実世界にやってきて、現実世界を壊す、守る で戦う物語。フィクションの作者と登場人物が現実世界で出会い、作者はどんな気持ちで物語を紡ぎ、登場人物たちは作者によって決められた道筋や、それを作った作者についてどう思っているのかなどが語られるのも面白い。物語る力は捨てたもんじゃない。 

Re:CREATORS 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

Re:CREATORS 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

 

 

◾️ボールルームへようこそ

今回挙げた中では一番面白かったです。
冴えない男子中学生が、ひょんなことから社交ダンス(競技ダンス)に出会い、師匠やライバルたちと切磋琢磨しながら成長する物語。ユーリ!!!もそうだけど、芸術性のある身体表現に魅せられます。またカップル競技だからこそ、パートナーとの関係性をどう構築していくのかの過程がすごく丁寧に描かれていて、というかむしろ後半はそれが主題になっていて、ついに完成形を見たときはとても感動しました。

TVアニメ「ボールルームへようこそ」第1巻【Blu-ray】

TVアニメ「ボールルームへようこそ」第1巻【Blu-ray】

 

  

anno-yoshinashi.hatenablog.jp

 



 

2018年 NHK正月時代劇「風雲児たち~蘭学革命篇~」感想

何人かが集まって一つのものを作り上げる物語は、どうしてこうもグッとくるのでしょう。

オランダの医学書「ターヘル・アナトミア」に出会った前野良沢と杉田玄白が西洋に比べて遅れている日本の医学の進歩のためだという目的のもと、翻訳を決意。

辞書もほぼないという環境で、メンバーが力を合わせて言葉の意味を推察しながらの翻訳過程は、何もないところからモノが目に見えて出来上がっていく一番楽しい時間。

形が見えてからの良沢と玄白の行動の違いがとても興味深いものでした。

良沢は職人肌で完璧を求め、翻訳の質を上げることに没頭する。

玄白はプロデューサータイプで、世に出すことを重視し、そのために奔走する。

ものづくり(サービスやコトづくりも含めて)の現場では「QCD(Quality=品質、Cost=費用、Delivery=納期)」と言われるけれども、ベストなQCDを見極めるのはとても難しい。

時として、(最低限必要な品質は満たしている前提で)品質はそれほど高くなくても、世に出るタイミングが絶妙だったがゆえに社会を大きく変えるようなものがある。

杉田玄白にとって解体新書は「出す時期」が重要と考えたのだと思います。

一方、前野良沢は出す時期よりも品質を重要視。
それが後世から誤りを指摘され名を汚されることを嫌ったというような理由かどうかはさておき、ものづくりはキリがないのも事実。

もっとこうしたら良くなる、もっと、もっと手をかけたい、となる。

それを「納期」でバッサリ切ってもらうことで、作り手は後ろ髪をひかれながらも世に放つ。

ものづくりって、そういうところがあるよな、と、妙に日頃の現実も重ね合わせながら観ていました。

前野良沢と杉田玄白のギリギリのせめぎ合いが、結果として世に出す時期も逃さず、かつ品質も高めて、歴史を変える結果となったのだけど、著者として名を残すかどうかのやり取りには、心が締め付けられました。

名を残す意味とは

そんなことも考えてしまいました。

名をなさずとも自分の仕事を誰かに認めてもらえれば充分と考える良沢は、謙虚でもあるけれども、玄白が言うように、仕事にケチがつくことで名を汚されたくないという見方をすればとてもプライドが高いですよね。

けれども歴史は、名が残った人達だけで作られるのではなく、名前が残らない色々な人の直接的、間接的なかかわりの中で、積み重なって作られていく。

このエピソードから、そんな歴史の積み重ねに想いを馳せました。

「真田丸」生まれ変わりスピンオフ?

生まれ変わって現れたみたいで、つい真田丸での役柄も思い出されてしまいました。
刑部の良沢は相変わらず真面目だし、秀次の玄白は相変わらずちょっと能天気なところがあるし。直江兼続は相変わらず上司?に振り回されるし、三十郎はのほほんとしているし。

一瞬しか出てこない人物でも、あの人、この人と次々に懐かしい顔が。真田丸を楽しみに見ていたあの一年間も思い起こされ、真田丸ファンならではの楽しみもありました。

「子供の事情」感想

長らく本ブログをほったらかしにしてしまいまいたが、ぼちぼちまた書いていくことにします。

三谷さんの「子供の事情」、チケットを取れなったので、WOWOW観劇しました。

作・演出:三谷幸喜
出演:天海祐希 大泉洋 吉田羊 小池栄子 林遣都 青木さやか 小手伸也 春海四方 浅野和之 伊藤蘭

【あらすじ】
三谷幸喜作・演出のステージ。天海祐希、大泉洋ら豪華キャストが、それぞれの“事情”を抱える小学4年生の少年少女を演じた、歌あり踊りありの心温まる傑作コメディ。
(WOWOWの番組サイトより)

 

大人から見れば、小学4年生は子どもでしかない。

でも、当の小学4年生たちだって、身の回りに起こる様々な出来事に向き合って、考えている。

結果として現れる行動は、悪だくみあっても正義感あるものであっても、やっぱり大人から見れば子どもらしく、可愛らしい。

これまでの三谷作品は、次々に起こる出来事に何とかしようと行動する大人たちの必死さが笑いを生んでいたけれど、この作品は必死に行動するのは子どもたち(演じているのは大人ですけれども)。
子どもたちの必死さは、微笑ましさと、こんな子小学校のクラスにいたなというノスタルジィを生んでいました。

 

公演サイト
http://www.siscompany.com/kodomo/gai.htm

 

 

「シン・ゴジラ」感想(と、「新世紀エヴァンゲリオン」TVシリーズ感想?)

2016年の話題映画「シン・ゴジラ」をようやく観ました。

・・・と、その前に、本作の総監督・脚本を手掛けられた庵野秀明さんの「新世紀エヴァンゲリオン」を観てみようと思い立ち、ちょうどTVシリーズが2016年9月から毎週1回 BSプレミアムで放送されたのでつい先日まで半年間エヴァを視聴。

使徒って何?エヴァって何?など、毎回たくさんの疑問符を頭に浮かべながらも少しずつ見えてくる物語の背景や登場人物たちの心理描写に引き込まれ、全話完走。

世の中のブームから遅れること20年!?エヴァの魅力を初めて知った満足感で、そもそもエヴァを見始めたのは「シン・ゴジラ」を観るためだったことすら忘れかけていましたが、エヴァTVシリーズ全話視聴完了のグッドタイミングで「シン・ゴジラ」パッケージ版発売となり、Amazonビデオで観ました。

これは・・・エヴァっぽい・・・

ゴジラは「使徒」みたいだし、ゴジラ襲来をモニターして会議する首相以下面々の会議の様子、畳みかけるカット割り、多量のテロップ、ヤシマ作戦ならぬヤシオリ作戦。

まるで「エヴァンゲリオン」なしで使徒と戦うエヴァの世界を実写にしました、といった印象でした。

人間が自分たちのエゴで生み出してしまった恐ろしい魔物とどう対峙し、乗り越えるのか。

ゴジラの世界にもエヴァの世界にも通じるテーマは、現実の私たちにも突きつけられているテーマにも思いました。

それはそうと、次はエヴァの映画版もみなくては・・・

 

 

シン・ゴジラ Blu-ray2枚組

シン・ゴジラ Blu-ray2枚組

 

 

新世紀エヴァンゲリオン TVシリーズは下記Amazonプライムビデオで視聴可能なようです。

http://amzn.asia/bLH595s

「LA LA LAND」感想

話題の映画、「LA LA LAND」を観てきました。

ミュージカル映画っぽいと聞いていたので、普段映画はあまり観ないのですがミュージカル映画は好きなので期待して行きました。

最初の楽しい音楽&ダンスシーンでもう心をつかまれました。

ストーリーは、女優を目指す女性とJAZZピアニストを目指す男性が出会い、それぞれの夢を追って・・・と、ありふれていると言えばありふれています。

よく、ミュージカルは突然歌いだすのが不自然、という話を聞きますが、歌の部分は人物の心情や考えをあえて観客に向けて表現している部分かなと思います。
ストレートプレイでもモノローグってありますものね。

ラストの「もし、あの時、ああしていれば」をミュージカルで描く=それは実際に起きたことではなく、登場人物の心の中の出来事である、ということを表現していて、この作品はこのシーンのためにミュージカルの要素を取り入れたのかな、と思いました。

gaga.ne.jp

 

ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック

ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: サントラ,ジャスティン・ハーウィッツ feat.エマ・ストーン,ジャスティン・ポール,ジャスティン・ハーウィッツ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2017/02/17
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログ (6件) を見る