三谷幸喜作品と本の虫★あんのよしなしごと

大河ドラマ「真田丸」をはじめ、三谷幸喜さんの作品の感想、芥川賞受賞作品を中心とした本の感想、音楽やハンドメイド関連などをつづったブログです。

【芥川賞】「家族シネマ」 柳美里

 

家族シネマ (講談社文庫)

家族シネマ (講談社文庫)

 

 

第116回(1996年)芥川賞受賞作品。 ★★

すでに崩壊している家族が、家族の姿を描く映画出演を通して、再度自分の家族に向き合う。
そして家族を演じることで、いかに本来の自分たちが「家族になっていない」かを実感する。

家族って何だろう。家族が家族であるために必要なものは何だろう。
そんなことを考えさせられた。