三谷幸喜作品と本の虫★あんのよしなしごと

大河ドラマ「真田丸」をはじめ、三谷幸喜さんの作品の感想、芥川賞受賞作品を中心とした本の感想、音楽やハンドメイド関連などをつづったブログです。

「任意の点P」

 

任意の点P

任意の点P

  • 作者: 慶応義塾大学佐藤雅彦研究室,佐藤雅彦,中村至男
  • 出版社/メーカー: 美術出版社
  • 発売日: 2003/04/16
  • メディア: 単行本
  • 購入: 4人 クリック: 37回
  • この商品を含むブログ (41件) を見る
 

 

「任意の点P」というタイトルからは、数学の問題集を彷彿とさせますが、立体視の本です。左目と右目で別々の絵を見ると、立体的に見えるという、アレです。
「立体視」といえば、よりリアルに、臨場的に見せるための手段として使われることが一般的と思いますが、本書は、決してリアリティや臨場感を追求しているわけではありません。
 
頭の中で無理やり立体的にイメージしていたモノが、実際に立体に見える!という楽しさが味わえます。
 
例えば、この図↓
Box
 
部屋の隅に四角の箱が置いてあるようにも見えるし、箱の角が四角く切り取られていているようにも見えますよね。
これは、自分で、「そう見よう」とイメージしてやっと、そう見えるようになりますよね。
それが、この本では、上の図のような図形が、「本当に立体として見える」という感じです。
線画が立体的に見えるのって、かなり新鮮です。
 
両目で別々のものを見るのに少し慣れが必要ですが、立体的に見えたときの「おぉ!」を味わいたい方は是非ご覧になってみてください。