読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三谷幸喜作品と本の虫★あんのよしなしごと

大河ドラマ「真田丸」をはじめ、三谷幸喜さんの作品の感想、芥川賞受賞作品を中心とした本の感想、音楽やハンドメイド関連などをつづったブログです。

【芥川賞】「蹴りたい背中」 綿矢りさ

書籍・雑誌 芥川賞

 

蹴りたい背中 (河出文庫)

蹴りたい背中 (河出文庫)

 

 

第130回(2003年)芥川賞受賞作品。 ★★

最年少で芥川賞受賞ということで話題になったが、文体こそ10代らしいと思ったけれど、作者自身の「10代」という年代に対する客観的で冷静な視線にうならされた。

中学校や高校は、ある種閉じられた空間。
そこに通う生徒の世界は、学校が全てだったりする。
だから、その唯一の世界で孤立してしまうことを恐れ、笑顔を取り繕い、誰かと群れる。
そんな群れから外れた少女は、やはり群れから外れた少年に関わることで(たとえそれが一方通行であったとしても)、もうひとつの世界を作る。

私もかつて少しは感じた、あの独特の息苦しさを思い出した。
「学校」という世界のほかにも、たくさんの世界があるということに気がついた時、あの息苦しさから解放された。
本作品を読んで、それが10代の1つの試練なのかもしれないと思わされた。