三谷幸喜作品と本の虫★あんのよしなしごと

大河ドラマ「真田丸」をはじめ、三谷幸喜さんの作品の感想、芥川賞受賞作品を中心とした本の感想、音楽やハンドメイド関連などをつづったブログです。

初春歌舞伎公演「四天王御江戸鏑」

更新滞りがちな本ブログですが、今年もよろしくお願いいたします。

さて、今年も1月3日、国立劇場にて歌舞伎鑑賞してきました。

初日でしたので樽酒の鏡割りがあり、私も一口いただきましたので、ほろ酔いでの観劇に。

初演以来、約二百年ぶりの復活公演とのことです。

とはいえ、もともとの話はかなり複雑なようで、上演時間が3時間程度という制約と、現代のお客様にも理解できる内容にする、とのことで様々なアレンジがなされたようです。

おかげで、内容にもついていけました。

まだ歌舞伎は2回しか見てませんが、歌舞伎のおもしろさは、舞台の華やかさ・美しさと、意外な演出かなぁと思います。

流行ネタ(AKB48など)の登場は、意外な演出なようで、ある意味お約束?