三谷幸喜作品と本の虫★あんのよしなしごと

大河ドラマ「真田丸」をはじめ、三谷幸喜さんの作品の感想、芥川賞受賞作品を中心とした本の感想、音楽やハンドメイド関連などをつづったブログです。

2016年大河ドラマ 主演は堺雅人さん

今日はこんなニュースが!

堺雅人さんが真田信繁(幸村)役に決定!大河ドラマ『真田丸』(リンクはNHKサイト)

この『真田丸』、脚本は既報の通り三谷幸喜さんです。

かつて、三谷さん脚本の2004年の大河ドラマ『新選組!』で山南敬助役を演じた堺さん。

第33話、山南は新選組の法度を破り、恋人明里を連れて脱走します。

近藤勇は逃げ切ってくれることを暗に願い、沖田総司を追手に指名。
沖田はどうか見つからないでほしいと願いながら山南を追いかけます。
そして、山南は追ってくる沖田を見つけ、追手に沖田をよこした近藤勇の意図を察しつつも・・・

「沖田君、ここだ!」

と、姿を現すのです。

この時の、堺さん演じる山南の表情の清々しいこと・・・。

ラストの土方歳三の号泣とともに、私も号泣しました。

『新選組!』は、前半は近藤・土方・沖田らの青春時代、未来を夢見る若者らしい生活を描いていたため、序盤で大河ドラマらしくない、ふざけている等と随分批判されたところもあるようです。

けれど最後まで見続ければ、決してコメディタッチではなく、自らの信念に人生をかけた若者たちの哀しい人間ドラマであったことがわかるのではと思います。

2016年の大河ドラマでは、三谷さんはきっと、堺さんを世に強く印象付けた『半沢直樹』や『リーガル・ハイ』や『新選組!』の山南敬助とも違う、堺さんのまた新しい一面を引き出してくれるのではと期待しています。

ちなみに私は堺さんを初めて知ったのは、『Vamp Show』です。この時の堺さんの、たくさん汗をかきながらの熱演もとても印象的でした。