読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三谷幸喜作品と本の虫★あんのよしなしごと

大河ドラマ「真田丸」をはじめ、三谷幸喜さんの作品の感想、芥川賞受賞作品を中心とした本の感想、音楽やハンドメイド関連などをつづったブログです。

『輝く日の宮』丸谷 才一

書籍・雑誌

源氏物語には、もともと「輝く日の宮」という巻があり、それが何らかの理由で削除されたという説があるようです。

主人公である国文学者・安佐子が、失われた巻の謎解きに挑みます。

―という小説だと思って読み始めたのだけど、最初は源氏物語とは全く関係ない内容が続き、戸惑いました。

現代の話なのに文語調の文体も、独特の雰囲気。

中盤から源氏物語に繋がってきてからは、ライバル研究者とのやりとりなど面白く、のめりこんでいきました。

サイドストーリー的な、主人公の恋愛物語はいったい意味があったのだろうか。。。と思っていたところ、このストーリーの二重構造は、源氏物語

武田宗俊は阿部秋生の仮説を『源氏物語』第一部全体に広げ、第一部の巻々を紫上系・玉鬘系の2つの系統に分類し、
(中略)
源氏物語』第一部はまず紫上系の巻が執筆され、玉鬘系の巻はその後に、一括して挿入されたものであるとした。
Wikipedia源氏物語」より)

という構造に沿っているのでは?という見方を指摘され、なるほど〜と思いました。