三谷幸喜作品と本の虫★あんのよしなしごと

大河ドラマ「真田丸」をはじめ、三谷幸喜さんの作品の感想、芥川賞受賞作品を中心とした本の感想、音楽やハンドメイド関連などをつづったブログです。

人形劇 シャーロックホームズ 第14回 百匹のおたまじゃくしの冒険~「海軍条約文書事件」より~

【あらすじ】校内の絵画コンクールに出品するための絵を描いていたバーニコット。 バーニコットは美術室で徹夜で絵を描いていたが、少しその場を離れた隙に 絵が盗まれてしまった。バーニコットはそのショックで倒れてしまい、ホームズに 絵を探してほしいと頼んだのだが・・・

毎度のごとく、ネタバレ含む感想ですのでご注意を。

ホームズ君が、どんどん可愛らしくなっていくんですけど・・・。

朝、アイリーン先生がホームズたちの部屋を訪ねてきたときに 大慌てて部屋を片づけるホームズ。

バーニコットからの伝言を伝えるアイリーン先生がホームズの肩に触れると 肩をすくめてドギマギするホームズ。

ワトソンが話しているのをよそに、 保健室でバーニコットがアイリーン先生に薬を「あーん」で飲ませてもらっている様子を じっと見つめるホームズ。

そして極め付けが、兄マイクロフトにしてやられ、絵を取り戻せなかった ショックで保健室で寝ていたホームズにアイリーン先生が薬(はちみつ)を 「あーん」で飲ませようとし、それに一瞬躊躇しながらも、意を決したように 「・・・あーん」と応じるホームズ。

女性視聴者への、ホームズ萌えサービスでしょうか^^;

原作との接点は、「夜に大切なもの(絵・文書)を扱う作業をしていた男性が、 その場を離れた隙にそれを盗まれてしまい、ショックで寝込んでしまう」 「それは複製される」「取り戻したそれが朝食の中から出てくる演出」 ということでしょうか。

でも今回の見どころは、原作との接点よりも、ホームズ萌えでしょうね。。