読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三谷幸喜作品と本の虫★あんのよしなしごと

大河ドラマ「真田丸」をはじめ、三谷幸喜さんの作品の感想、芥川賞受賞作品を中心とした本の感想、音楽やハンドメイド関連などをつづったブログです。

【感想】【芥川賞】 柴崎友香 『春の庭』

書籍・雑誌 芥川賞

 

春の庭

春の庭

 

 

第151回(2014年)芥川賞受賞作品 ★★☆

以前、柴崎氏の『ショートカット』という作品を読んだとき、人物の行動描写が行動をそのまま説明しているような文章で、私にはどうにも読みづらく、私には合わないかな・・・と思っていました。

けれども『ショートカット』は2004年の作品、10年経った『春の庭』作品で芥川賞受賞とあれば、作風の変化があるかもしれない、と手に取りました。

読後感が良かったです。

情景描写の読みにくさも感じることはありませんでしたし、おこがましいですが「進化」を感じました。

そこにある建物や風景、人の動きを淡々と描くことで、(少々浮世離れしている)人々の生活の営みを一緒に味わえるような、ともすればのぞき見しているような感覚になる作品でした。