三谷幸喜作品と本の虫★あんのよしなしごと

大河ドラマ「真田丸」をはじめ、三谷幸喜さんの作品の感想、芥川賞受賞作品を中心とした本の感想、音楽やハンドメイド関連などをつづったブログです。

【読書感想】 『しずく』 西加奈子

真面目で几帳面な優等生で通ってきた。

クラスメイトが恋愛の話に花を咲かせ、放課後に街に出てお茶しようと言っていたとき、私は彼女たちを横目に見ながら、まっすぐ家に帰った。自分が思うことを素直に口にし、やりたいことをやっている彼女たちが羨ましかった。

他人からこうだと思われている「私」から外れることを恐れる気持ちと、そこから解放されて自由になりたい気持ちがせめぎあっている。

*****

『しずく』は、いろいろな形の「女ふたり」の物語。

幼馴染、おばあさんと若い女性、大人と子ども、旅人と地元の人、一緒に飼われている猫たち、母と娘。

彼女たちは、相手の女性を鏡として自分自身を見つめ、自分自身の呪縛から解放されていく。

私もまた、彼女たちを鏡とし、自分を解き放つ道を見つけられるような気がした。

 

しずく (光文社文庫)

しずく (光文社文庫)