読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三谷幸喜作品と本の虫★あんのよしなしごと

大河ドラマ「真田丸」をはじめ、三谷幸喜さんの作品の感想、芥川賞受賞作品を中心とした本の感想、音楽やハンドメイド関連などをつづったブログです。

大河ドラマ「おんな城主 直虎」第1回を見ました

映画・テレビ


「おんな城主 直虎」第1回を見ました。


戦国時代の井伊家の物語、というと、昨年の大河ドラマ「真田丸」第45回「完封」の回で、出来上がった真田丸の上で信繁と高梨内記が二人、敵陣の様子を眺めながらの会話:

内記「あちらにも赤備えがおりますぞ」
信繁「あれは井伊直孝殿じゃ。かの井伊直政殿の次男坊じゃ」
内記「井伊でございますか」
信繁「向こうにも、ここに至るまでの物語があるのだろうな。」
内記「一度・・・聞いてみたいものですなぁ」

 

が思い出され、内記と源次郎(信繁)がどこかで酒を飲みながら、今年の大河ドラマである井伊家の物語を私たちと一緒に楽しく見ているような妄想にかられます。

また、今川義元が出てくれば今川を滅ぼした織田信長を吉田剛太郎さんの姿で思い出したり、
「北条」と聞くと、高嶋政伸さんの北条氏政を思い出したり、
井伊直満が謀反の証拠を突きつけられてぐうの音も出ず討たれてしまったのを見て、きっと草刈正雄さんの真田昌幸であればしらを切りとおして、これしき序の口じゃ、なんて言っていたかもしれないなんて妄想したり。。

同じ戦国時代だからこそ、「真田丸」の世界との重なりを感じてしまい、どこかで「真田丸」の人々が息づいているような気もしてしまいます。

(真田丸ロスが過ぎるでしょうか^^;)

そういう贔屓目(?)を差し引いても、直虎の少女時代を演じる子役さんをはじめ、子役の方たちが大変可愛らしくかつ演技にも引き込まれ、これからも楽しみな初回だったと思います。

※今年は大河ドラマの感想を毎週書くことはないと思います、あしからず・・・