三谷幸喜作品と本の虫★あんのよしなしごと

三谷幸喜さんの作品の感想、芥川賞受賞作品を中心とした本の感想、映像作品や音楽の感想などをつづったブログです。

フィギュアスケート音楽を楽しむ〜宮原知子選手の18/19シーズンSP「小雀に捧げる歌(Song For The Litter Sparrow)」

フィギュアスケート 2018/19シーズンのグランプリシリーズ第1戦となるスケートアメリカで優勝した宮原知子選手のショートプログラムの曲「小雀に捧げる歌(Song For The Litter Sparrow)」。

ヴァイオリンのメロディが美しく、後半になるにしたがって壮大なオーケストラが響くドラマティックな曲です。

NHK大河ドラマのテーマ曲にありそうな感じ?

この曲は、フランスの歌手パトリシア・カースのアルバム「Kaas Chante Piaf」というアルバムに入っています。

このアルバムは、パトリシア・カースがエディット・ピアフの曲をカバーしたもの。
カースは「ピアフの再来」ともいわれているとか。

ただ、「小雀に捧げる歌」はピアフの歌ではなく、このアルバムのプロデューサーのAbel Korzeniowski氏がピアフに捧げた曲のようです。

(参照:http://www.abelkorzeniowski.com/little-sparrow

そう考えると、この曲はピアフの人生を表現しているようにも思えます。

宮原選手は、先シーズンの「SAYURI」や「蝶々夫人」のように、女の人生を描く曲が多いですね。

 

 ▼Amazon Prime会員特典ですぐ聴けます

Kaas chante Piaf

Kaas chante Piaf

 

 ▼「小雀に捧げる歌」単品はこちら

Song for the Little Sparrow (Ouverture)

Song for the Little Sparrow (Ouverture)

  • アーティスト: パトリシア・カース
  • 出版社/メーカー: Richard Walter Entertainment
  • 発売日: 2012/11/05
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る