読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三谷幸喜作品と本の虫★あんのよしなしごと

大河ドラマ「真田丸」をはじめ、三谷幸喜さんの作品の感想、芥川賞受賞作品を中心とした本の感想、音楽やハンドメイド関連などをつづったブログです。

大河ドラマ 真田丸 29話 「異変」 感想:目に見えて衰えていく秀吉が切ない

三谷幸喜 映画・テレビ 真田丸

f:id:annoysns:20160724202223j:plain

目に見えて衰えていく秀吉

ここまでシビアに老いの衰えを描くのかと言うほどに、おねしょをしたり、物忘れが多く同じことを何度も言ったり、ちょっとしたところに躓いたり、昔好きだったお菓子を覚えていなかったり。

前回までのような怒りで叫んでいた秀吉をもう一度見たいとすら思ってしまいます。

関白秀次がいなくなり秀頼が幼い現時点では、秀吉が衰えるということは、豊臣の弱体を意味してしまう。

ああ、返す返すも秀次があんなことにならなければと、失った人物の存在を大きく感じます。

源次郎と源三郎のスタンスの違いが生まれ始めた?

ストレス一杯の源三郎は夜な夜なおこうさんのもとへ。とうとうおこうさんご懐妊!
そして実はものすごいツンデレだった(?)稲姫もご懐妊!
一気に二児の父となる源三郎は秀吉の衰えにも気づき、秀吉亡き後は一波乱あると考えています。

一方の源次郎は、大谷吉継の娘、春姫を正室に迎え、秀吉からも直々に石田三成を助けるよう言われ、豊臣家のために行動し、秀吉亡き後も豊臣の天下は変わらないと考えている様子。

真田のために行動すると言い切る源三郎から見ると、源次郎は豊臣に深入りしすぎていると指摘します。

このあたり、犬伏の別れに向けた伏線の一つなのでしょうね。
源三郎と源次郎はそれぞれ舅が徳川家重臣、豊臣家重臣という事情はあるけれども、その事情において二人が東軍西軍に分かれるのではなく、「真田家を守る」ために判断する源三郎と、「自分の気持ちに正直」に行動する源次郎、そんな違いが生まれてくるような気がします。

きりちゃん、女性たちの想い

目をかけてくれていた秀次が亡くなり、想い人だったはずの源次郎は一度に二人も妻を迎えることに。いつも元気なきりちゃんですが、さすがに今回は元気がなさそう。

頼まれて細川ガラシャの許を訪れたきりちゃんは、秀次から贈られたマリアの絵を胸に、キリシタンの集まりに心を穏やかにしていきます。

新しい源次郎の正室、春姫とすれ違ったときは、「おうめちゃんと私の良いところを兼ね備えている」と少し「きりちゃん節」が復活していましたが、完全復活の日を楽しみにしたいと思います。

今回は、嫉妬する薫さん、稲姫、傷心のきりちゃん、秀吉の衰えをどうしようもなく受け入れるしかないお寧様、秀吉よりも秀頼第一の茶々と、女性たちがそれぞれ抱える想いが垣間見られた回でもありました。

(三成が源次郎に春姫は大変な娘だと言ったのが気になりますね)

次回予告も切ない

あれは、源次郎と秀吉が出会ったシーンの再現?

吉野太夫は、徳川家による昌幸暗殺のための刺客?

そしてついに、猿も木から落ちる・・・?

 

大河ドラマ 真田丸 28回「受難」 感想:秀次の悲劇

三谷幸喜 映画・テレビ 真田丸

f:id:annoysns:20160717221131j:plain

今回は涙なしには見られませんでした。

秀次は出奔した時点できっと覚悟は決めていたのでしょうが・・・。

出奔を知った秀吉が内々のこととして処理し一か月の謹慎で許そうとしていたのに、秀次はもはや豊臣家に自分の居場所はないと思い詰め、自害してしまいました・・・。

自分の器を超えた関白という役割の重圧。少しでも失敗すると秀吉から厳しく叱られ、もし豊臣家に害を与えるほどのことをしてしまえば、命すら危ないという緊張感。

秀吉の叱責が「お前しかいない、頼りにしている」という意味を含んでいたとしても、秀次には全く伝わっていませんでした。

源次郎が秀吉にも秀次にも「自分の気持ちを自分で率直に話すべき」と進言しても、二人ともそれをしませんでした。

それは何故なのでしょうか・・・。

秀次の気持ちはわかるような気がします。

これまで秀吉の期待に応えられるようなことができていない、でも何とか関白として頑張ってやっていこうという思いがある中で、伏見城の普請の件のように、関白として自分がやるべきことを秀吉が自分に相談もせず勝手に行っていたことで、秀次は頑張ろうという気持ちをへし折られたのと同時に、自信も全くなくなってしまったと思うのです。

そういう追い詰め方をする人(追い詰めた当人にはそういう意図はなく、親心からだったとしても)に、自分の素直な気持ちを話せるでしょうか。

一方秀吉は、天下を取ってからはその権威をもって叱責や罰で人を動かす人になりました。
それは武家出身ではない自分が名だたる大名たちを従えるためには権威を使うしかないという負い目、自信のなさから来ているように思えます。

つまりは、秀吉も秀次も、自分に自信がなかった。

それゆえの悲劇であるように思います。

秀次のことが悲しすぎて忘れそうになってしまいましたが、呂宋助左衛門

大河ドラマ「黄金の日日」松本幸四郎さんが演じた呂宋左衛門。真田丸でも同じ役で登場!

源次郎の頼みを聞き入れてくれ、秀次の娘・たかちゃんを救ってくれました。

あれ、「ルソンの壺」って、NHKでテレビ番組なかったでしたっけ・・・?(と思ったら、NHK大阪放送局の番組のようです)

源次郎の周囲の人々

  • 秀次と源三郎の対話は、心がこもっていましたね。もし以前から源三郎が秀次の側で支えていたら、と思わずにいられません。
  • 秀次の娘を救うため、一度に正室・側室を迎えることになった源次郎。秀次の悲劇に涙するきりちゃんに「追い打ちをかけるようだが」と前置きして報告したということは、源次郎、やはり君はきりちゃんの想いをわかっているのだね?
  • 徳川家のスパイとして活動する稲姫 VS 真田家を守るおこうさん。あの温かい真田家でよくここまで心を閉ざせたものですね。おこうさん、頑張れ!

 

三谷幸喜さん主宰、東京サンシャインボーイズの3舞台がDVD化!!

三谷幸喜 演劇

『ラヂオの時間』『ショウ・マスト・ゴー・オン 幕を降ろすな』『東京サンシャインボーイズの罠』がDVDに!

ラヂオの時間 [DVD]

ラヂオの時間 [DVD]

 
ショウ・マスト・ゴー・オン 幕を降ろすな [DVD]

ショウ・マスト・ゴー・オン 幕を降ろすな [DVD]

 
東京サンシャインボーイズの罠 [DVD]

東京サンシャインボーイズの罠 [DVD]

 

 

 

今年3月にニュースになっていたみたいなのですが全く気付いておらず、お恥ずかしい。。ですが、これはすごいです!

三谷幸喜さん主宰の劇団「東京サンシャインボーイズ」(1994年に”30年間の充電期間”へ)。

実は私も東京サンシャインボーイズ時代の舞台は観たことはありません。

ずっとDVD化はされてこなかったので、サンシャインボーイズの舞台を見ることはできないと諦めていました。(が、確か『ショウ・マスト・ゴー・オン』は割と最近TVで放映された気がします。それは観ました。)

それが、本ブログのメンテナンスのついでに何気なく某ネット通販サイトで「三谷幸喜」と検索してみたところ、『ラヂオの時間』がヒット。

『ラヂオの時間』と言えば映画が思い浮かびますが、あれ、パッケージが違う。しかも筆頭の役者さんの名前が「西村雅彦」(映画版だと「唐沢寿明」と出る)。

どういうことだろうとクリックすると・・・。

脚本家・三谷幸喜の原点がここにある!
伝説の演劇集団・東京サンシャインボーイズの名作3公演、待望のDVD化! !

(Amazon より)

東京サンシャインボーイズ!?名作3公演!?

充電期間に入る最後の作品『東京サンシャインボーイズの罠』がDVD化されているのが嬉しいです。

 

そして販売元はNHK。1994,95年に放映とあるので思い出しましたが、かつてNHK BSでは舞台中継的な番組をやっていて、私も『君となら(初演)』をそれで見た記憶があります。

きっと、NHKには三谷舞台の放映アーカイブがまだまだあるに違いない・・・。

いつの日か、『君となら(初演)』『巌流島』などDVD化していただけることを願っています。