三谷幸喜作品と本の虫★あんのよしなしごと

三谷幸喜さんの作品の感想、芥川賞受賞作品を中心とした本の感想、映像作品や音楽の感想などをつづったブログです。

珠玉の脚本!DVDで観られる三谷幸喜のおすすめ舞台6つ

三谷幸喜さん脚本の舞台の中から、DVDで見ることができるおすすめの6作品を紹介。伏線解決の爽快さなど、緻密な脚本にうならされます。バッド・ニュース☆グッド・タイミング、笑の大学、コンフィダント・絆、マトリョーシカ、国民の映画、其礼成心中

三谷さん新作映画も近々!

先日、新作舞台のニュースを目にしましたが、今度は新作映画。 eiga.com 政界コメディと聞いて思い出すのは、三谷さん脚本の1997年のドラマ『総理と呼ばないで』。ダメ総理を田村正和さんが演じていました。 映画の前作『ギャラクシー街道』が個人的にしっく…

三浦 しをん『風が強く吹いている』

陸上未経験者も含めた超弱小陸上部が箱根駅伝を目指す物語。映画版も良かったです。

三浦 しをん『舟を編む』

映画化もされた、本屋大賞受賞作。 辞書編纂ってすさまじい。一人では到底なしえない大きなものを、色々な人たちが色々な立場で力を合わせて作る。

恩田 陸『夜のピクニック』

本屋大賞受賞作。 高校生活の集大成となる行事「歩行祭」。夜を徹して歩きとおすものだ。 学生時代は、「その時にしかできないこと」がたくさんある。