三谷幸喜作品と本の虫★あんのよしなしごと

三谷幸喜さんの作品の感想、芥川賞受賞作品を中心とした本の感想、映像作品や音楽の感想などをつづったブログです。

フィギュアスケート音楽を楽しむ~2018/19シーズン使用曲 日本女子版

フィギュアスケートはグランプリファイナルも終わり、もうすぐ全日本選手権。 ということで、自分の覚えも兼ねて、主な日本女子選手の今シーズンの使用曲をリストアップしておきます。 ※実際の使用音源とは違うものも多々ありますのでご承知おきください。 …

フィギュアスケート音楽を楽しむ~友野一希選手の18/19シーズンFS「リバーダンス より」

友野一希選手は、昨シーズン(2018年3月)の世界選手権で5位となって一躍注目された、シニア2年目の選手です。 演技に集中する真剣なまなざしや、演技を心から楽しんでいるようなはじける笑顔がとても印象的な20歳。表現力の高い"踊れる"選手で、いつまでも演…

宮下 奈都『よろこびの歌』

2016年に本屋大賞を受賞した『羊と鋼の森』の作者でもある宮下奈都さんの『よろこびの歌』。 御木元玲は、ヴァイオリニストの母に持ち、声楽家を目指して音大付属高校を受験。自分も周りも落ちるわけがないと思っていたけれど、失敗し、音楽科のない新設女子…

フィギュアスケート音楽を楽しむ~ネイサン・チェン選手の18/19シーズンSP「Caravan」

ネイサン・チェン選手。 イェール大学に進学して、学業とフィギュアスケートの両立を頑張っています。 私は昨シーズンのSP「ネメシス」でそのカッコよさにすっかり参ってしまいましたが、今シーズンのSPもテンポよくかっこよく踊る系です。 躍動感あふれる演…

フィギュアスケート音楽を楽しむ〜宮原知子選手の18/19シーズンSP「小雀に捧げる歌(Song For The Little Sparrow)」

フィギュアスケート 2018/19シーズンのグランプリシリーズ第1戦となるスケートアメリカで優勝した宮原知子選手のショートプログラムの曲「小雀に捧げる歌(Song For The Little Sparrow)」。 ヴァイオリンのメロディが美しく、後半になるにしたがって壮大なオ…

三谷幸喜さん新作舞台はオリジナルミュージカル『日本の歴史』

残念、チケット争奪戦に敗れました。。 いくつかの先行申し込みしましたがことごとく落選。 うーん、残念です。。 ——- 三谷さん新作ミュージカルの詳報でました! 12月に東京公演、1月に大阪公演とのこと。 www.siscompany.com ----- 中井貴一さん、香取慎吾…

『おっさんずラブ』感想 ーその熱量に、ものづくりの心意気を学ぶ

今年(2018年)の春ドラマ『おっさんずラブ』。 このドラマそのものの魅力については様々なところで論じられ語られているので、ちょっと違う観点からこのドラマについて書いてみたいと思います。

原田マハ『モダン』:温かいもので心がいっぱいになる

アート小説の名手ともいうべき、原田マハさんの『モダン』。 舞台はモダン・アートの聖地、MoMA(ニューヨーク近代美術館)。ピカソ、マティス、ルソー、ワイエスなどの美術だけでなく、工業デザインや建築もアートとして扱う美術館です。 MoMAで働く人々を…

畠中 恵『しゃばけ』

江戸時代の薬屋さんの体の弱い若旦那と、彼を支える手代(の姿をした妖怪たち)の織り成す日々。

綿矢 りさ『勝手にふるえてろ』

好きな人との恋愛か、好かれる人との恋愛か。 さてどちらが幸せになれるのでしょう?