読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三谷幸喜作品と本の虫★あんのよしなしごと

大河ドラマ「真田丸」をはじめ、三谷幸喜さんの作品の感想、芥川賞受賞作品を中心とした本の感想、音楽やハンドメイド関連などをつづったブログです。

大河ドラマ 真田丸 48話「引鉄」 感想:信繁の静かなる覚悟

f:id:annoysns:20161204205649j:plain

真田丸は壊され、堀も埋められた丸裸の大坂城。

牢人たちがいなくなれば、徳川が攻めてくるのは明白。
また、和睦条件を破っても、徳川は攻めてくるだろう。

だから、牢人たちを大人しくさせながら留め置いておかなければならない。お金があるうちは良いが、いつかは尽きる。

信繁が語る「次の戦に勝ったら〇〇(良いことがある)」という言葉はとても危うく、豊臣方が戦が始まるタイミングをコントロールするためには、信繁が牢人たちの統制を取りきらないといけない。

今回は前半は皆穏やかでほのぼのしていたのに、あろうことか大野治長の弟が事件を起こしたのをきっかけに牢人たちの綻びが徐々に大きくなり、牢人たちは与えられた金で武器を買いそろえ、埋められた堀を掘り返し、信繁の意図しないタイミングで徳川に攻撃の理由を与えてしまうことになりました。

必死で状況を良い方にもっていこうとするのに味方の中で勝手をする人間がいたために状況が悪い方に悪い方にと動いていき、それに流されて行かざるを得ない信繁が、会社や上司、足を引っ張る同僚に振り回されるしがないサラリーマンの悲哀に重なるような気がして心が痛みます。

それに対して徳川方は、刺客(佐助)に対して家康の影武者を用意しておくなど本当に周到。一枚も二枚も上手ですね。

何が正しいかなんんて、その時にはわからない

徳川方に通じていた織田有楽斎を、信繁は追放しました。

有楽斎が言ったように、徳川と豊臣の懸け橋として、豊臣家を存続させるために上手く活用する方法もあったかもしれないですが、信繁はそうしませんでした。

かつて、豊臣は徳川との窓口であった片桐且元を豊臣は追放したことで豊臣と徳川の争いの火種が大きくなったことを考えると、内通者であったとしても有楽斎を追放するのが得策であったのかどうか。

信繁の覚悟、兄には通じていた

甥っ子との対面を喜ぶ信繁の手紙を読んだ兄・信之は、信繁は家康と刺し違え、死ぬ気であることを悟りました。

そんなことは一言も書かれていないけれど、昔からこの兄弟はお互い考えていることが分かる兄弟です。

「源次郎を止められるのは自分だけだ、大坂に行く」と言った信之の言葉に胸が熱くなりました。

 

いよいよあと2回。利休の茶室跡から出てきた馬上筒、まさにこれが信繁の運命を決めるものになると思われます。

次回予告で、信繁がきりちゃんを抱きしめている!

(涙対策で)タオルの準備が必須の予感です。

大河ドラマ 真田丸 47話「反撃」 感想:破壊された真田丸

三谷幸喜 映画・テレビ 真田丸

f:id:annoysns:20161127211118j:plain

信繁最大のミス!?

この和睦交渉での信繁の最大のミスは、徳川が「秀頼を大坂城に残した上で、真田丸の破壊と堀の埋め立てること」を望んでいると見抜けなかったことでしょう。

これは、織田有楽斎の「徳川は茶々を人質で要求するか、秀頼が大坂城を出ることを要求するだろう」という誘導に引っかかってしまったためであると言えるのでしょうけれど。

この誘導によって、豊臣方の頭の中は「茶々を人質に出したくない、秀頼は大坂城を出ないで済むように、あるいはせめて西国への国替でおさめたい」ということで一杯になってしまいました。

使者を立てた交渉にしようと有楽斎が言い出した時、使者を立てての交渉自体を止めるべきでもありました。豊臣方で使者になれる人物は、あまりにも頼りないことが分かっていたはずなのに。

ただ、信繁は徳川に阿茶の局という、ある意味家康以上のやり手である女性がいることを知らなかったのは悲運でしたね(ああ、その場にきりちゃんが発言権のある人物としていたならば・・・)。

全ては結果論なのですが・・・。

結局は、大蔵卿局が実質的な使者となってしまい(豊臣方最悪の人選)、徳川の思い通りに真田丸は破壊され、堀は埋め立てられることになりました。

しかもその条件は和睦書状になく、口頭で交わされただけとは・・・

その条件を知った息子である大野治長に「豊臣を潰すおつもりか!!」と怒鳴られた大蔵卿局が「(自分の判断は)豊臣のためじゃ!」と言い返すところ、大蔵卿の局だって
自分なりに一生懸命行動したんだと思うと愚かなトップの哀愁を感じますが、部下のやるせなさを想うと本当に心が痛みます。

よく言った、作兵衛!

昌幸のことを「武田に忠義を尽くした人物。武田の所領を取り戻すため、卑怯者と言われても手段を択ばず戦ったのだ」、そして信繁のことを「そんな安房守の息子らしく、豊臣への忠義を尽くす男だ」と、信繁に不信感を抱きはじめた牢人たちに力強く言う作兵衛。

よく言った!

「真田丸」という物語を端的に表す言葉だったように思います。

義のために

豊臣方は和睦交渉で敗れて大坂城を丸裸にされ、もはや勝ち目はなくなりました。

「望みを捨てぬ者だけに道は開ける」

この状況では、なんとも哀しい言葉です。

お兄ちゃんのオチ

お通さん、、、プロの癒し屋さんだったのですね・・・

大河ドラマ 真田丸 46話「砲弾」 感想:茶々の本当の願いは、きっと普通の女性として生きること

三谷幸喜 映画・テレビ 真田丸

f:id:annoysns:20161120194216j:plain

大坂方の信繁も、徳川方の本多正信も、「戦はただ勝てばよいのではない、味方の損失をどれくらい少なくするかが肝要」というセリフが。本質を分かっているもの同士の戦いですね。

出浦昌相!

おお、出浦さん生きていた!起き上がっていた!喋れるようになっていた!

密かに大坂に兵糧を送ろうとする信之を断固として止めた昌相。

ここでもし信之の行動が徳川に知られたら、真田家は終わってしまう。

そんなことになったら、真田家をどんなことをしても生き残らせようとした昌幸の想いが台無しになってしまう。

子どものころから信之は自分の想いよりも「真田家を守る」役目を優先させられてきました。

少しでも、愛する弟の力になりたい。それすらもできない信之の無念さはさぞや・・・と思うのですが、昌相の術でネバネバまみれになったお兄ちゃん、やはりコメディ担当健在。

信伊叔父!

信伊叔父もご健在!

家康に呼ばれ、信繁を調略するように命じられた信伊。

しかし信伊は信繁のことを「自分と違って義に厚い」から、寝返りはしないだろうと断ります。

それでも(形だけ?)大坂に入り、信繁と対面。

おとりおばばさまの通夜以来という再会なのに、酒を一杯酌み交わして立ち去ります。

家康からの書状を「見なくてよい」と言って。

信伊がかつて信繁に言った「自分のようになるな」という言葉。信伊は義を貫く甥を誇りに思っていることでしょう。

茶々の本心は・・・

茶々の本心はどこにあるのでしょうか。

初からは「姉(茶々)は死にたがっている。大坂城が焼け落ちるのを待っている。両親同様、自分も城とともに焼け落ちると信じている。姉を救ってほしい」と言われましたが、茶々本人からは「秀頼と一緒に暮らせればそれでよい。遠い小国で、私と秀頼と、左衛門佐がいれば」と言われます。

私は、茶々の本心は、信繁に語った言葉ではないかと思うのです。

浅井長政の娘としてでも、織田信長の姪としてでも、もちろん豊臣秀吉の側室として秀吉亡き後豊臣家を守る立場としてでもなく、ただの女性として、子どもと、親しい者たちとただ穏やかに暮らすことを望む。

でも、周りがそれを許さない。信繁でさえも自分の「義」優先であって、茶々の本心を尊重することはできない。豊臣家の実質的なリーダーとして、滅びゆく豊臣と運命を共にしなければならない。

信繁の頼みを聞き入れ、秀頼を説得するシーンにはその悲痛な覚悟が見え隠れし、思わず涙が・・・。

大坂城に砲弾が撃ち込まれ、侍女が巻き込まれてしまったのを目撃した茶々の取り乱し方が哀しいです。

そして茶々や信繁によりそうきりちゃん。なんと頼もしいことよ・・・