読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三谷幸喜作品と本の虫★あんのよしなしごと

大河ドラマ「真田丸」をはじめ、三谷幸喜さんの作品の感想、芥川賞受賞作品を中心とした本の感想、音楽やハンドメイド関連などをつづったブログです。

【感想】【芥川賞】村田沙耶香 『コンビニ人間』

書籍・雑誌 芥川賞

第155回芥川賞受賞作品。★★

 

コンビニ人間

コンビニ人間

 

 

 

以下、ネタバレありますのでご注意。

 

読んでいくうちに、自分の価値観を問われているように感じました。

主人公の恵子は、物事の善悪の判断基準がなく、感情も起きない。
子どもの頃、公園で死んでいる小鳥を見て他の子どもたちが可哀想と泣いている横で「この小鳥を焼き鳥にして食べよう」という子ども。父親が焼き鳥が好きだから。
また、取っ組み合いの喧嘩をしている男子生徒たちを止めるために、彼らをスコップで殴りつけるような子ども。「誰か止めて」とその場にいた子たちが叫んでいたから。
なぜ自分の取った行動が良くないのか、理解できない。

そのため恵子は大人になるにつれて周りにいる人の行動・言動を真似るようになります。自分の頭で考え判断するのではなく、ただ真似る。
「普通の人」のようにふるまうことででようやく社会の中で生きていけるようになる。

「郷に入っては郷に従え」という言葉があるように、集団の中で社会生活を送るためにはその集団の価値観やルールに従わざるを得ないという一面は確かにあります。
その集団を社会全体にまで広げた時、集団の価値観やルールは「普通」「常識」と呼ばれるのかも知れません。

この社会における「普通」とは何か?が全くわからない恵子の目を通すことによって、あなたが考える普通や常識って普遍的なものなのか?正義なのか?と問いかけてきます。

この作品には3種類の人が出てきます。

まずは、恵子。自分の生来の気質に加え、36歳で独身でコンビニバイト生活(ただし、コンビニ店員としては非常に有能)である自分が普通ではないと自覚し、自分ではそれを気にしてはいないが、社会生活を送るために必要なので「自分が普通ではない」ことを隠す努力をしている。

そして、白羽さん。30代半ばの無職独身男性。自分が「普通の男性の生き方=仕事をし、結婚して家庭を持つ」ことをしていないことを卑屈に捉え、行動も卑屈です。

そして最後に、恵子の周りの人々。「普通」からはずれている人を(無意識下でも)遠ざけようとし、「普通でない」白羽さん(卑屈な行動、ルール無視が多いこともあり)を毛嫌いし、恵子のことを「36にもなって独身でバイト生活なんておかしい」と心配したり、理解しがたいと思っている人々。

読んでいても、恵子の子どもの頃の行動は理解しがたい一方で、36歳で独身でバイト生活だからって異常者扱いしなくてもいいんじゃないかと思うそのことに、自分自身の「普通かどうかを判断する物差し」を自覚させられました。

また、恵子や白羽さん、周りの人々の気質や考え方そのものを取っ払って単純化すれば、マジョリティの人々、マジョリティを基準に設計された社会をマイノリティである人々の目から見た物語でもあります。

マジョリティである「普通」側が、その「普通さ」を正義としてマイノリティに押し付ける厚かましさを恵子の周囲の人々から感じました。

色んな視点で見れば、自分は何かではマジョリティ側であり、何かではマイノリティ側であったりするもの。

結局は多様性を認めるということになるのでしょうけれど、それは決して建前ではなくて自分にとってのリスクヘッジなんだろうなと思います。

 

大河ドラマ「おんな城主 直虎」第1回を見ました

映画・テレビ


「おんな城主 直虎」第1回を見ました。


戦国時代の井伊家の物語、というと、昨年の大河ドラマ「真田丸」第45回「完封」の回で、出来上がった真田丸の上で信繁と高梨内記が二人、敵陣の様子を眺めながらの会話:

内記「あちらにも赤備えがおりますぞ」
信繁「あれは井伊直孝殿じゃ。かの井伊直政殿の次男坊じゃ」
内記「井伊でございますか」
信繁「向こうにも、ここに至るまでの物語があるのだろうな。」
内記「一度・・・聞いてみたいものですなぁ」

 

が思い出され、内記と源次郎(信繁)がどこかで酒を飲みながら、今年の大河ドラマである井伊家の物語を私たちと一緒に楽しく見ているような妄想にかられます。

また、今川義元が出てくれば今川を滅ぼした織田信長を吉田剛太郎さんの姿で思い出したり、
「北条」と聞くと、高嶋政伸さんの北条氏政を思い出したり、
井伊直満が謀反の証拠を突きつけられてぐうの音も出ず討たれてしまったのを見て、きっと草刈正雄さんの真田昌幸であればしらを切りとおして、これしき序の口じゃ、なんて言っていたかもしれないなんて妄想したり。。

同じ戦国時代だからこそ、「真田丸」の世界との重なりを感じてしまい、どこかで「真田丸」の人々が息づいているような気もしてしまいます。

(真田丸ロスが過ぎるでしょうか^^;)

そういう贔屓目(?)を差し引いても、直虎の少女時代を演じる子役さんをはじめ、子役の方たちが大変可愛らしくかつ演技にも引き込まれ、これからも楽しみな初回だったと思います。

※今年は大河ドラマの感想を毎週書くことはないと思います、あしからず・・・

「エノケソ一代記」感想

三谷幸喜 演劇

作・演出:三谷幸喜

出演:市川猿之助 吉田羊 浅野和之 山中崇 水上京香 春海四方 三谷幸喜

2016年11月 世田谷パブリックシアターにて

【あらすじ】
「エノケン」こと榎本健一は昭和初期の浅草から世に出て、日本の喜劇王として活躍した喜劇役者。
そんな「エノケン」に憧れ、崇拝する喜劇役者・田所(市川猿之助さん)は「エノケソ一座」を率いて全国で巡業していた。見に来るお客は「エノケン」の「ン」が「ソ」になっていることなんて気づかずに、本物のエノケンだと思って大いに楽しんでいる。
田所は、ただひたすらにエノケンになりきり、エノケンのように生きることだけを考えていて・・・

 

2016年は大河ドラマ「真田丸」でずっと三谷作品を見ていられた一年でしたが、舞台は久しぶり。

市川猿之助さん演じる、偽エノケン=エノケソ の一代記です。

一見、偽物であることがばれそうになるのをいかに取り繕い、乗り切るか、といったシチュエーションコメディですが「エノケソ」の「エノケン」へのあまりにもひたむきな憧れと、それが次第に狂気へと変わっていく様が描かれ、精一杯生きた、名もない一人の喜劇役者の人生の重みも感じることができました。

市川猿之助さんは、「決闘!高田馬場」で三谷作品に出演(当時は亀治郎)されて以来、ちょいちょいコメディアン的要素のある方だなあと思っていましたが、現代劇で拝見したのは初めてで、「エノケソ」のひたむき過ぎるひたむきさが真っすぐに伝わってきました。

吉田羊さんは、三谷さん主宰の劇団「東京サンシャインボーイズ」の復活公演「returns」で拝見してから、朝ドラなどで大活躍。「真田丸」では真田信幸の妻・稲姫を演じられていたこともあってその印象が強いのもあるかもしれませんが、今作ではしっかり者のエノケソの妻がとてもしっくり似合っていました。

浅野和之さんの胡散臭い役のはまりようは相変わらず素敵ですし、七変化の山中崇さんや、初々しい水上京香さん、春海四方さんの一座の癒しキャラぶりも印象的でした。

そして何より驚いたのは、「俳優・三谷幸喜」!

なんと、俳優として舞台に立つのは24年ぶりだそうです。

公演パンフレットによると、二年間大河ドラマにかかりっきりだったため、気分転換としてと、次のステップに進むために自身の起爆剤となるようなことがしたかったためだそうですが、なかなかどうして、堂々とした俳優ぶりでした。

大河ドラマ「真田丸」が無事高評価で終了した三谷さん。

三谷さんは、成功に甘んじずに常に新しいものにチャレンジし続けるところがすごいと思っています。そのチャレンジを、楽しみに、そして応援したいと思います。