三谷幸喜作品と本の虫★あんのよしなしごと

大河ドラマ「真田丸」をはじめ、三谷幸喜さんの作品の感想、芥川賞受賞作品を中心とした本の感想、音楽やハンドメイド関連などをつづったブログです。

「シン・ゴジラ」感想(と、「新世紀エヴァンゲリオン」TVシリーズ感想?)

2016年の話題映画「シン・ゴジラ」をようやく観ました。

・・・と、その前に、本作の総監督・脚本を手掛けられた庵野秀明さんの「新世紀エヴァンゲリオン」を観てみようと思い立ち、ちょうどTVシリーズが2016年9月から毎週1回 BSプレミアムで放送されたのでつい先日まで半年間エヴァを視聴。

使徒って何?エヴァって何?など、毎回たくさんの疑問符を頭に浮かべながらも少しずつ見えてくる物語の背景や登場人物たちの心理描写に引き込まれ、全話完走。

世の中のブームから遅れること20年!?エヴァの魅力を初めて知った満足感で、そもそもエヴァを見始めたのは「シン・ゴジラ」を観るためだったことすら忘れかけていましたが、エヴァTVシリーズ全話視聴完了のグッドタイミングで「シン・ゴジラ」パッケージ版発売となり、Amazonビデオで観ました。

これは・・・エヴァっぽい・・・

ゴジラは「使徒」みたいだし、ゴジラ襲来をモニターして会議する首相以下面々の会議の様子、畳みかけるカット割り、多量のテロップ、ヤシマ作戦ならぬヤシオリ作戦。

まるで「エヴァンゲリオン」なしで使徒と戦うエヴァの世界を実写にしました、といった印象でした。

人間が自分たちのエゴで生み出してしまった恐ろしい魔物とどう対峙し、乗り越えるのか。

ゴジラの世界にもエヴァの世界にも通じるテーマは、現実の私たちにも突きつけられているテーマにも思いました。

それはそうと、次はエヴァの映画版もみなくては・・・

 

 

シン・ゴジラ Blu-ray2枚組

シン・ゴジラ Blu-ray2枚組

 

 

新世紀エヴァンゲリオン TVシリーズは下記Amazonプライムビデオで視聴可能なようです。

http://amzn.asia/bLH595s

「LA LA LAND」感想

話題の映画、「LA LA LAND」を観てきました。

ミュージカル映画っぽいと聞いていたので、普段映画はあまり観ないのですがミュージカル映画は好きなので期待して行きました。

最初の楽しい音楽&ダンスシーンでもう心をつかまれました。

ストーリーは、女優を目指す女性とJAZZピアニストを目指す男性が出会い、それぞれの夢を追って・・・と、ありふれていると言えばありふれています。

よく、ミュージカルは突然歌いだすのが不自然、という話を聞きますが、歌の部分は人物の心情や考えをあえて観客に向けて表現している部分かなと思います。
ストレートプレイでもモノローグってありますものね。

ラストの「もし、あの時、ああしていれば」をミュージカルで描く=それは実際に起きたことではなく、登場人物の心の中の出来事である、ということを表現していて、この作品はこのシーンのためにミュージカルの要素を取り入れたのかな、と思いました。

gaga.ne.jp

 

ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック

ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: サントラ,ジャスティン・ハーウィッツ feat.エマ・ストーン,ジャスティン・ポール,ジャスティン・ハーウィッツ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2017/02/17
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログ (6件) を見る
 

 

「田茂神家の一族」感想

WOWOWの放送で観ました。

佐藤B作さん主宰の劇団東京ヴォードヴィルショーの創立40周年記念公演の一つとのこと。

【あらすじ】有権者人数100あまりの小さな村の村長選挙をめぐるお話。
前村長の引退をきっかけに、その息子ら親族が立候補する村長選挙。
合同演説会ではお互いのスキャンダルを暴露しあい、足を引っ張り合う。
果たして村長選挙の行方は・・・?

人間ってしょうもないなぁ、でもそれが人間だよなぁ、という内容でした。

選挙の行方を左右するのが「村のエネルギー問題」ですが、この作品が、佐藤B作さんの故郷・福島で初演を迎えたこととあわせ、何らかの意味があったのかもしれません。

三谷さんは東京ヴォードヴィルショーにいくつかお芝居を書かれています。

  • にくいあんちくしょう(1991、原作:滝大作)
  • その場しのぎの男たち(1992)
  • アパッチ砦の攻防(1996)
  • 竜馬の妻とその夫と愛人(2000)
  • エキストラ(2006)
  • 田茂神家の一族(2015)

WOWOWでは佐藤B作さん、演出の山田和也さんのインタビューがあり、お二人とも三谷さんのことを「三谷君」と呼んでいて、今はもう中堅どころかベテランの域に入った三谷さんのことを君付けで呼ぶ人はきっと少なくなっているだろうなと思うとその変わらないスタンスになぜかとても嬉しくなりました。

また今回、B作さんは初めて三谷さんに脚本の書き直しを依頼したそうです。
書き直しなんてお願いしてもいいのだろうかと恐る恐る申し出られたそうですが、三谷さんは「ダメ出ししていただいて、ありがとうございます」とおっしゃったとか。
このエピソードをお話しされているB作さんは涙ぐんで言葉に詰まってらっしゃいました。

三谷さんのエッセイ「ありふれた生活」で三谷さんは度々「以前は現場で自分が一番若かったのに、いつのまにか自分が最年長になってしまった」ことをやや寂しそうな筆致で書かれています。
B作さんのダメ出しは、三谷さんにとって、本当にありがたいものだったのではないかと思いました。

 

 

anno-yoshinashi.hatenablog.jp

anno-yoshinashi.hatenablog.jp