三谷幸喜作品と本の虫★あんのよしなしごと

大河ドラマ「真田丸」をはじめ、三谷幸喜さんの作品の感想、芥川賞受賞作品を中心とした本の感想、音楽やハンドメイド関連などをつづったブログです。

「王様のレストラン」

脚本 三谷幸喜
出演 松本幸四郎 筒井道隆 山口智子 鈴木京香 西村雅彦 小野武彦

【あらすじ】
とあるフレンチレストラン「ベル・エキップ」。先代オーナーシェフの跡を継いだ新オーナー禄郎は、かつてギャルソンとして店を支え、父である先代オーナーシェフの友人でもあった千石を呼び寄せ、落ちぶれかけた「ベル・エキップ」を一流レストランにしようと奮闘を始める。
しかし突然やってきた新オーナーとギャルソンにレストランのスタッフの反応は冷ややか。
はたして「ベル・エキップ」は一流レストランになれるのか・・・?

三谷幸喜のTVドラマでは何が好き?と言われればまず真っ先に「王様のレストラン」と答えます(そしてその次には「新選組!」)。
元気がないとき、気分が乗らないときなどは、このドラマを見ると元気がでます。

このドラマの醍醐味は、やはり毎回レストランで起こる様々な事件(苦境)を個性豊かで愛すべきレストランのスタッフ達が絶妙なチームワークで(意図していることも単に偶然なこともありますが)乗り切っていくところでしょう。
その結果としてバラバラだったレストランの面々が徐々に結束し、「ベル・エキップ」は一流レストランになっていく、という大きな流れの心地よさもあります。

どの回も大好きですが、あえてお気に入りを3つ挙げるとすると、
・第5話「奇跡の夜」:びっくりムースの回
・第6話「一晩だけの支配人」:梶原さんの別れた奥さんがやってくる回
・第8話「恋をしたシェフ」:シェフしずかの引き抜き話の回
です。
第5話は、誰にも存在意義があることをさりげなく教えてくれるのでお気に入り。
第6話は、単純に笑えて、そして「ベル・エキップ」のチームワークが確立したことが実感できるのでお気に入り。
第7話は、千石としずかの秀逸で大人なラブストーリーとしてとても素敵なのでお気に入り。

また、音楽も大好きです。10年経った今でもいろいろなTV番組で王様のレストランのサントラが使われていて、ファンとしては嬉しい限りです。
ただ、エンディングテーマの「Precious Junk」が平井堅のデビュー曲だったということは、平井堅がブレイクしてから知りました。。。

  

王様のレストラン DVD-BOX La Belle Equipe

王様のレストラン DVD-BOX La Belle Equipe