三谷幸喜作品と本の虫★あんのよしなしごと

大河ドラマ「真田丸」をはじめ、三谷幸喜さんの作品の感想、芥川賞受賞作品を中心とした本の感想、音楽やハンドメイド関連などをつづったブログです。

「エキストラ」感想

劇団 東京ヴォードヴィルショー 公演
脚本・演出:三谷幸喜
WOWOWでの放送にて

【あらすじ】
とあるテレビドラマの撮影現場。エキストラで出演するために集まった面々は、それぞれ様々な事情を抱えている。「誰でもない」ことを要求されるエキストラの悲喜こもごもを描く。

三谷作品にはめずらしく、救いようがない終わり方と思いました。(今の私自身の心理状態も関係しているのかもしれませんが、三谷作品は、未来に希望が持てるような内容の方がいいなと思いました。)

でもおそらく、三谷氏はエキストラの方々の実際というのを目の当たりにされていることでしょうから、劇中で脚色・誇張されているにせよ、厳しい世界であり、それを笑いだけで埋め尽くすことはできないのかもしれませんね。