三谷幸喜作品と本の虫★あんのよしなしごと

大河ドラマ「真田丸」をはじめ、三谷幸喜さんの作品の感想、芥川賞受賞作品を中心とした本の感想、音楽やハンドメイド関連などをつづったブログです。

「決闘!高田馬場」感想

作・演出:三谷幸喜

出演:市川染五郎 市川亀治郎 中村勘太郎
     市川高麗蔵 澤村宗之助 松本錦吾
        市川萬次郎

 2006年3月25日 WOWOW中継にて

面白かったです!正直、ここまで面白いとは思っていませんでした(スミマセン)。
2時間強、テンポ良くあっという間に"駆け抜けた"舞台でした。

染五郎さん、のんべえの姿も、走る姿も、絵になってました。
勘太郎さんは、「新選組!」の真面目な平助のイメージがあったのですが、元気いっぱいに動き回り、走り回り、本当に活き活きしてました。
そして亀治郎さん!とても印象に残りました。どっしりしっかりしている雰囲気なのに、面白くて。

早替えとか、ブレヒト幕(っていうそうですね、初めて知りました)を使った場面転換とかでおぉっと驚いたり、演出でも楽しみました。
(早替えでは「HR」での「鷲尾くん、捕まる」を思い出し、ブレヒト幕では「You are the top」での笹目にしきの登場シーンを思い出しました。あとは「それはまた、別の話」で「王様のレストラン」を・・・。)

これは歌舞伎といって良いのか!?という意見もありそうですが、そもそも「ジャンル」分けすることに意味があるとは限らないでしょうし、少なくとも歌舞伎を知らない三谷ファンや、逆に三谷作品を知らない歌舞伎ファンが、今まで知らなかった世界に興味を持つことによって、舞台芸術全般が盛り上っていけばいいななんて思いました。

 

 

anno-yoshinashi.hatenablog.jp

 

anno-yoshinashi.hatenablog.jp