読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三谷幸喜作品と本の虫★あんのよしなしごと

大河ドラマ「真田丸」をはじめ、三谷幸喜さんの作品の感想、芥川賞受賞作品を中心とした本の感想、音楽やハンドメイド関連などをつづったブログです。

「不信 ~彼女が嘘をつく理由」感想

三谷幸喜 演劇

三谷幸喜さんの舞台『不信 ~彼女が嘘をつく理由』を観てきました。

www.parco-play.com

 

作・演出 三谷幸喜
出演 段田安則 優香 栗原英雄 戸田恵子


以下、内容の核心には触れていないつもりですが、設定やストーリーの方向性など一一部ネタバレしていますのでご注意を。

三谷さんの新境地 サスペンスでホラーで、そして社会派

人間関係を円滑にするために、相手に調子を合わせて思ってもいないことを言うこと。

自分を守るため、都合の良い嘘で取り繕うこと。相手のためと思い、嘘をつくこと。

野次馬根性で他人の詮索をして、あの人はこうに違いないと決めつけ、ゴシップネタにすること。

自分には直接関係ないことなのに、正義感を振りかざして他人の行動を咎めること。

多かれ少なかれ、誰でも経験があることかもしれません。

でもそれらがエスカレートしたらどうなるか。

これまでの三谷作品では、その先に「笑い」がありましたが、今回は逆で、とんでもない「悲劇」がありました。

これは、自分たちの周りにありふれた「嘘」や「野次馬根性」や「正義感」が、笑いにもなるし、悲劇にもなるということを意味しています。
登場人物それぞれの嘘、無邪気な詮索がなにをもたらすのかハラハラさせられ、そして徐々にエスカレートしていく過程を恐ろしく感じました。

昨今のネット炎上などにも通じる課題提起をしているようにも思います。その点、三谷作品には珍しい(というか、初めての?)「考えさせられる」社会派作品ともいえるかもしれません。

また、三谷さんの新境地を見せていただきました。

圧巻の演技、演出

本作は、段田安則さん・優香さん演じる夫妻と、栗原英雄さん・戸田恵子さん演じる夫妻が対峙する物語で、どちらの夫婦も妻が少し変わっていて、夫が妻に振り回されています。

優香さんの、愛らしいが故の怖さと、それを受け止める戸田恵子さんの演技に心奪われました。
そして段田安則さんと栗原英雄さんの抜群の安定感。『真田丸』で真田信伊を演じてらした栗原さんの舞台を拝見するのは初めてで、素敵なお声にもしびれました。

舞台の前と後に客席があり、舞台上の4つのスツールを使った演出も凝っていました。