三谷幸喜作品と本の虫★あんのよしなしごと

三谷幸喜さんの作品の感想、本の感想、映像作品や音楽の感想などをつづったブログです。

「世界は3で出来ている」感想

登場人物は三つ子の兄弟、演じる役者は林遣都さんただ一人。


ドラマ撮影もままならないこのご時世、その名も「ソーシャルディスタンスドラマ」。


脚本は朝ドラ「スカーレット」で記憶に新しい水橋文美江さん。


ある夜Twitterをチェックしていたら「林遣都」がトレンドになっていて何事かと調べたら、こんな魅力的なドラマの存在を知ったと同時に時すでに遅し、既に放送後で、見逃し配信の予定なしの無情な文字にがっくり。


ところが反響が大きかったようで、フジテレビのオンデマンドサービスFODで配信開始!月額課金の葛藤はありつつも観たい欲に負けて登録しました。

 

30分あまりの短い作品でしたが、十分すぎるほど見応えがありました。

 

次男が一人でいる部屋に、長男、三男が次々とやってきて、一人から二人の会話、三人の会話ヘ。

つまりは一つの空間に、林遣都さんが一人、二人、三人と増えてゆく。


最初のうちは、別々に収録して合成しているのだろうけれど違和感ないなとか、ここどうやって撮影したんだろうとかの技術的なことに目がいっていたのだけど、だんだん三つ子がリアルに同じ部屋にいて会話しているようにしか見えなくなって内容そのものに没頭していました。

 

三人とも林遣都さんなのに別人に見える。

 

そりゃあ林さんは「おっさんずラブ」の牧と「HIGHT&LOW」の日向のような対極にあるような役ができる幅の大きさがあることはわかっていたけれど、極端に異なるキャラクターという訳ではない三役が同じ空間にいても別人とわかるほどに明確に演じ分けられていて、改めてすごい役者さんなんだと思いました。

 


FODでは2021/6/24まで配信中とのことです。

www.fujitv.co.jp

fod.fujitv.co.jp