三谷幸喜作品と本の虫★あんのよしなしごと

大河ドラマ「真田丸」をはじめ、三谷幸喜さんの作品の感想、芥川賞受賞作品を中心とした本の感想、音楽やハンドメイド関連などをつづったブログです。

「バッド・ニュース☆グッド・タイミング」感想


画像はamazonへリンク

作・演出:三谷幸喜

出演:沢口靖子 生瀬勝久 久野綾希子 伊藤正之 八嶋智人 
   角野卓造 伊東四朗

2001.10.27 パルコ劇場 にて観劇

【あらすじ】
結婚式を数時間後に控えた花嫁と花婿。しかしそれぞれの父親にはまだ結婚のことを話していない。実は父親同士はかつて漫才コンビを組んでおり、喧嘩別れをしてからは会うことも口をきくこともしない犬猿の仲。とても二人の結婚を許してもらえるとは思えないからだ。それでもなんとかして祝福された結婚式を迎えたい花嫁がとった行動とは・・・?

勘違いの積み重ねとすれ違い、今までの三谷幸喜のシチュエーションコメディの要素をすべてつぎ込んだような印象。それで面白くないはずがない。次から次へとテンポ良く進んでいく。
花嫁役の沢口靖子さんの周囲のスピードより1段遅い感じのオトボケさ。
花婿役の生瀬勝久さんのダメ男ぶり。
2人の父親役である角野卓造さんと伊藤四朗さん、花嫁の母役久野綾希子さんと披露宴担当の伊藤正之さんの「誤解の上になりたつ会話」の面白さ。
そして第3者なのになぜか全ての事情を把握しているホテルマン役の八嶋智人さんがストーリーの流れを握っている。
すごく作りこまれている感がある。「ああ、さっきのあれは、こんなところで使われるのか!」という、伏線解決の面白さが満載。三谷氏の緻密なストーリー構成には、素直に脱帽してしまう。