三谷幸喜作品と本の虫★あんのよしなしごと

大河ドラマ「真田丸」をはじめ、三谷幸喜さんの作品の感想、芥川賞受賞作品を中心とした本の感想、音楽やハンドメイド関連などをつづったブログです。

【芥川賞】「ブエノスアイレス午前零時」 藤沢周

 

 

ブエノスアイレス午前零時 (河出文庫―文芸コレクション)

ブエノスアイレス午前零時 (河出文庫―文芸コレクション)

 

 

第119回(1998年)芥川賞受賞作品。 ★

以下感想です。

雪国の寂れたホテルを舞台に、一度は都会に暮らし再び故郷に戻ってきたホテルの従業員と、中年男女のダンスサークルの集まりでホテルに泊まりに来た盲目の老女の出会いの話。
けして洗練されたとはいえない人々の「中年独特の人間臭い、ある種のどぎつさ」が妙にリアルで、根底に重たく漂います。
その重たさに途中で読む気分が萎えそうになったけれど、ラストのラストで、まさに「ブエノスアイレス午前零時」といった雰囲気になります。そのくだりへの持って行き方はさすがと思いました。