三谷幸喜作品と本の虫★あんのよしなしごと

大河ドラマ「真田丸」をはじめ、三谷幸喜さんの作品の感想、芥川賞受賞作品を中心とした本の感想、音楽やハンドメイド関連などをつづったブログです。

【芥川賞】朝吹真理子「きことわ」

 

きことわ (新潮文庫)

きことわ (新潮文庫)

 

 

第144回(2011)芥川賞受賞作品。 ★★☆

以下、ネタバレを含むかもしれない感想ですので、本作品を未読の方はご注意を。




主人公の女性二人の遠い昔の記憶である「思い出」への想いを通して「時間の流れ」を描いた作品。

地球の誕生から現在という時間軸のスケールを登場させながら、20数年前の出来事という「思い出」を、「近くて遠い過去」という、人間が感じる主観的な時間軸として描いている。

人の心に訴える作品というよりは、この時間軸の扱い方のうまさに技巧的な作品と感じた。面白かったというよりは、うまいっという感想。

こういう構成の上手さを感じた作品を読んだなぁ・・・と思って思い出したのが、村上春樹の「風の歌を聴け」でした。