三谷幸喜作品と本の虫★あんのよしなしごと

大河ドラマ「真田丸」をはじめ、三谷幸喜さんの作品の感想、芥川賞受賞作品を中心とした本の感想、音楽やハンドメイド関連などをつづったブログです。

大河ドラマ『真田丸』への期待

三谷幸喜さんが脚本を手がける大河ドラマ『真田丸』スタートまであと1ヶ月。

 
長年の三谷ファンとして素直に楽しみなのですが、世間的には、前回の大河ドラマ『新選組!』や、10月公開の映画『ギャラクシー街道』が引き合いにだされ、不安視する声もあるようです。
 
でも、三谷さんのエッセイやインタビュー番組をみていると、三谷さんは子どもの頃からの大河ドラマファンのようですし、子どもの頃に歴史上の人物の扮装をして写真を撮るなど、歴史への愛情も深い。
 
『新選組!』だって、夏ごろからはもう目が離せなくて、秋をすぎた頃からは号泣の連続。確かにこれまでの大河と比べたら異色だったかもしれないけれど、名作と思います。
 
今回の出演者の皆さんの顔ぶれを拝見しても、『新選組!』の山南役が忘れられない堺雅人さんをはじめ、小日向文世さん、鈴木京香さん、山本耕史さん、小林隆さん、(続編出演の)片岡愛之助さんなどの『新選組!』出演者や、他にも三谷さんの世界観でどういう姿を見せてくれるのか楽しみな方々ばかり。
 
喜劇作家だからコメディだというのではなくて、登場人物一人一人が、それぞれの人生の主役として輝くような、そんな大河ドラマになることを期待しています。