読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三谷幸喜作品と本の虫★あんのよしなしごと

大河ドラマ「真田丸」をはじめ、三谷幸喜さんの作品の感想、芥川賞受賞作品を中心とした本の感想、音楽やハンドメイド関連などをつづったブログです。

大河ドラマ 真田丸 第3回感想:長男・信幸のプライド

これまでは「真田家」として1つに見えていた昌幸、信幸、信繁が、真田の郷に戻って三者三様の人生が見えてきました。 信濃の国衆との駆け引き~見事な昌幸の策略 真田の郷に戻った真田家一家。武田家が滅び、織田につくと決めた昌幸でしたが地元の国衆の意…

大河ドラマ 真田丸 第2回 感想:一族の運命を決める決断の重さ

【あらすじ】 織田信長の猛攻。武田勝頼は新府を捨てた。岩殿城に逃げるが、裏切りにあう。一方、信繁たちは、父の待つ岩櫃城を目指すが、野盗の群れが行く手を阻んでいた。(大河ドラマ「真田丸」第2回冒頭より) ああ、勝頼様・・・。 「ためらうな!」 野…

『真田丸』の出演者と三谷作品

何気なく、NHKの真田丸サイトで登場人物を眺めていたら、本当に多くの役者さんが他の三谷作品にも出演されているなと気づきました。 公式サイト: 登場人物 人物相関図 第1回~ 真田家|NHK大河ドラマ『真田丸』 例えば、真田家では・・・ 真田信繁の堺雅人…

大河ドラマ 真田丸 第1回 感想:戦国の厳しさを物語る濃い初回

【あらすじ】天正十年(1582)二月。甲斐の名門、武田家は最大の危機を迎えている。信玄の死から九年。ついに織田信長の侵攻を許した。その先鋒が迫る山中を、武田に仕える一人の若者が進んでいた。(『真田丸』第1回 冒頭より) ネタバレありなのでご注意を…

『真田丸』開始前から、主演の堺雅人さん活躍

大河ドラマ『真田丸』の関連番組を見ていていると、主演の堺雅人さんが先頭に立って真田丸を盛り上げていらっしゃることが印象的です。 以前の『新選組!』の時は、SMAPの香取慎吾さんと、喜劇作家の三谷幸喜さんということが良くも悪くもクローズアップされ…

年末年始は『真田丸』関連番組が目白押し

今年の大河ドラマも終わり、いよいよ本格的に来年の大河ドラマ『真田丸』が表に出てくるようになりました。 年末年始は『真田丸』関連番組が目白押しです。 私はキーワードで自動録画できる録画機器を持っているので、「真田丸」をキーワードに登録したとこ…

【感想】「ギャラクシー街道」

【あらすじ】 西暦2265年、宇宙の居住空間「うず潮」と地球を結ぶルート、通称「ギャラクシー街道」の通り道にあるハンバーガーショップ。この店には、地球人だけでなく、様々な宇宙人が立ち寄り、それぞれの時間を過ごしている・・・”SF好き”の方は、思わず…

2015年10月公開の三谷幸喜監督映画はSF

三谷さんの次の映画は「スペース・ロマンチックコメディー」と位置付けられた『ギャラクシー街道』というSFのようです。香取慎吾&綾瀬はるか 三谷監督初SF映画で宇宙人夫婦http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150209-00000110-spnannex-ent主演は香取慎…

人形劇シャーロックホームズ 第18回(最終回) 最後の冒険~「最後の事件」より~

【あらすじ】深夜モリアーティ教頭から呼び出されたホームズは、校長先生脅迫事件の濡れ衣を着せられてしまった。一体誰が、ホームズを陥れたのか・・・?ネタバレありの感想です。 観終わった後、感動して涙がでてしまいました。。 ホームズを陥れたのはや…

人形劇 シャーロックホームズ 第17回 本当に困った校長先生の冒険~「マザリンの宝石」より~

【あらすじ】またまた校長先生がホームズを頼ってやってきた。校長先生は女生徒に恋をしてしまい、ラブレターを書いたのだが、何者かの手に渡ってしまい脅されているという・・・ ネタバレありの感想です。 ホームズの世話を焼くアガサをみてイラッとくるワ…

人形劇 シャーロックホームズ 第16回 ダグラスさんのお屋敷の冒険~「恐怖の谷」より~

【あらすじ】ビートン校の裏にあるダグラスさんのお屋敷で殺人事件が起きた。本物の殺人事件と聞いて、ホームズとワトソンは学園の規則を破って寮を抜け出し現場へ・・・ネタバレありの感想です。 ジェファーソン・ホープ、久しぶり!ちゃんと自分の道を見つ…

ドラマ「オリエント急行殺人事件」 感想

原作 アガサ・クリスティー脚本 三谷幸喜 2015年1月11日、12日にフジテレビで放送された2夜連続のドラマです。 下関から東京に向かう特急「東洋」の車内で起きた殺人事件を、ちょうど乗り合わせた名探偵・勝呂が推理によって解決する。 原作を読んだことがな…

人形劇 シャーロックホームズ 第15回 青いシロクマの冒険~「三破風館」より~

【あらすじ】赤毛のウィルソンが拾った「青いシロクマ」のぬいぐるみ。 このぬいぐるみを必死で取り返そうとする二人の男子生徒。 このぬいぐるみにはどのような謎があるのか・・・? 毎度のごとくネタバレを含む感想です。 ここ数回、ホームズの可愛らしい…

人形劇 シャーロックホームズ 第14回 百匹のおたまじゃくしの冒険~「海軍条約文書事件」より~

【あらすじ】校内の絵画コンクールに出品するための絵を描いていたバーニコット。 バーニコットは美術室で徹夜で絵を描いていたが、少しその場を離れた隙に 絵が盗まれてしまった。バーニコットはそのショックで倒れてしまい、ホームズに 絵を探してほしいと…

人形劇 シャーロックホームズ 第13回 バスカーヴィル君と犬の冒険 後編~「バスカヴィル家の犬」より~

前回に続く後編。 ネタバレ含む感想ですのでご注意を。 とにかく、ワトソン、良かったね! 怖いものを目の前にしても好きな人を守る勇気、危険を顧みず人助けの行動をする勇気が、メアリーの心を動かしました。 一方、ホームズは自分のプライドを傷つけられ…

人形劇シャーロックホームズ 第12回 バスカーヴィル君と犬の冒険 前編~「バスカヴィル家の犬」より~

【あらすじ】ヘンリー・バスカーヴィルが青く光るモンスタードッグを見たとホームズのもとを訪ねてきた。しかしホームズは別の事件に夢中で聞く耳持たず。ワトソンは、出直してくるように言おうとしたが、ヘンリーから、ワトソンが想いを寄せるメアリーと一…

人形劇 シャーロックホームズ 第11回 まだらの紐の冒険~「這う男」より~

【あらすじ】教育実習生のヘレン・ストーナー先生がホームズに相談にやってきた。夜、ストーナー先生が実験室で仕事をしていると、隣の部屋から奇妙な声が聞こえてくるというのだ。隣の部屋は、生活指導のロイロット先生の部屋だが・・・? ネタバレを含む感…

人形劇 シャーロックホームズ 第10回 失礼な似顔絵の冒険~「チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン」より~

【あらすじ】似顔絵を特技にするベッポがホームズのもとを訪れた。ベッポは授業中に描いた似顔絵を、学園一怖いミルヴァートン先生に取り上げられてしまい、それを取り返してほしいというのだ。以下、ネタバレありの感想です。 ホームズのことだから、何か策…

人形劇 シャーロックホームズ 第9回 愉快な4人組の冒険(後編) 〜「4つの署名」より〜

【あらすじ】 アーサーに引き続き、合唱団「トレジャーズ」のショルトー兄弟が襲われた。やはりコンクール出場を巡って、残りの一人のメンバーであるジョニーが犯人なのか。そして「アグラの宝物」という曲に何があるのかー 以下、ネタバレ満載なのでご注意…

人形劇 シャーロックホームズ 第8回 愉快な4人組の冒険 〜「4つの署名」より〜

【あらすじ】 ホームズの部屋を訪ねてきた女子生徒、メアリー。彼女の兄が、夜に何者かに襲われて怪我をしたというのだ。しかし部屋は密室。犯人はどうやって侵入したのか。部屋に残された破れた紙切れ。メアリーに一目惚れしたワトソンは。。。 以下、ネタ…

人形劇 シャーロックホームズ 第7回 イヌ語通訳の冒険〜「ギリシャ語通訳」より〜

シャーロックの兄、マイクロフト登場! 鼻はそっくりだけど、他は。。。シャーロックとはまた違う自信家っぷり。 2人のやりとりをみていると、ホームズ家、あるいはこの兄弟の間には何やら事情がありそう。 シャーロックの、マイクロフトに従うような態度に…

人形劇 シャーロックホームズ 第6回 生真面目な証人の冒険 〜「ウィステリア荘」より〜

ホームズにライバル現る!? という内容ですが、それよりもホームズの子供っぽい可愛らしさが印象に残る回でした。 以下、ネタバレしてますのでご注意を。 告げ口したレストレードに対しホームズとワトソンがぷいっと横を向いて「残念だよ」の二連発。 ベイ…

三谷人形劇『シャーロックホームズ』本放送開始!

三谷幸喜さんの人形劇『シャーロックホームズ』本放送始まりましたね! とはいえ、3月、8月にプレ放送があったので、新作は11月16日の『生真面目な証人の冒険』から。 流し目や伏し目がやけに色っぽいホームズ。 そうかと思えば、吹き戻しをピーピーやったり…

舞台出身ならでは!三谷幸喜監督の映画おすすめ3作品

三谷幸喜さんが監督した映画作品の中からおすすめの3作品を紹介。舞台脚本家ならではの手法が多く取り入れられているように思います。ザ・マジックアワー、清須会議、ラヂオの時間。

2016年の大河ドラマは真田幸村×三谷幸喜

2016年のNHK大河ドラマは、三谷幸喜脚本の『真田丸』に決定したというニュースが! 真田幸村×三谷幸喜!2016年大河ドラマ「真田丸」制作決定!http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/2000/187554.html 三谷さんは2004年の『新選組!』につづき2度目の大河ド…

シャーロック・ホームズ 「ボヘミアの醜聞」 三谷版人形劇とグラナダTV版の比較

三谷幸喜版の人形劇「シャーロック・ホームズ」については、以前三谷幸喜×学園ミステリー『シャーロック・ホームズ』 3話を見て のエントリで触れた際に、原作を知っていたらもっと楽しめるのでは・・・と書きました。 そこで、(原作そのものじゃないけれど)…

三谷幸喜×学園ミステリー『シャーロック・ホームズ』 3話を見て

三谷幸喜×学園ミステリー『シャーロック・ホームズ』とは・・・ 三谷幸喜が自ら愛してやまないイギリスの古典、『シャーロック・ホームズ』を、痛快ミステリー学園ドラマとして斬新に脚本化。物語を通して、少年ホームズとワトソンの友情と成長の軌跡を描き…

三谷幸喜×学園ミステリー『シャーロック・ホームズ』放送決定

三谷幸喜さんが『シャーロック・ホームズ』を学園ミステリーに脚色した人形劇。 三谷さんの人形劇は、『新・三銃士』以来ですね。 声優陣は、山寺宏一さん、高木渉さん、堀内敬子さん、ゲスト声優として妻夫木聡さん、宮沢りえさん、中村梅雀さんだそうです…

「大空港2013」感想

脚本・演出 三谷幸喜出演 竹内結子 生瀬勝久 戸田恵梨香 池松壮亮 梶原善 青木さやか 石橋杏奈 綾田俊樹 甲本雅裕 神野三鈴 オダギリジョー 香川照之 WOWOW放送 「Short Cut」につづく、完全1シーン1カットのドラマ。 【あらすじ】飛行機が天候不良によ…

「英国王のスピーチ」

見てきました。 上品な映画でした。とても。 優しさと、友情と、愛情にあふれる成長物語。 コンプレックスに悩む英国王を、きっと観客も心から応援しながら観ていたことでしょう。

「ソーシャルネットワーク」

見てきました。以下、ネタバレ注意です。 IT起業を題材とした人間関係の話。facebookをベースにしてるのが効いていたように思います。 自分は認められて当然という気持ち、劣等感、自己顕示欲、それらのあまり他人をないがしろにし、ひたすら大きくなること…

「マザーウォーター」

先日、気になっていた映画「マザーウォーター」観てきました(ようやく・・・)。 ゆったりした時間の流れが心地よく、映画館からでたあとの風景も違って見えました。 こんな穏やかな気持ちで生活できたらいいだろうなあ。。。 ハツミがセツコとタカコのこと…

「のだめ」と「ポニョ」を観ました

最近何かと忙しく、じっくり本を読んだり何かをする時間が取れずに更新も滞っております・・・。 そんななか、先日TVで放映された「崖の上のポニョ」と、観ておきたかった「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」を観ました。(以下、ネタバレあるかもしれませ…

新・三銃士 第20回 ~三谷さんのサービス精神

NHK連続人形活劇「新・三銃士」も先週金曜放送の第20話でちょうど半分が終了。 第20話「波乱の舞踏会」は、アンヌ王妃の首飾りは結局見つからぬまま始まってしまった舞踏会で、登場人物が勢ぞろいで首飾りをめぐる攻防を繰り広げました。 舞踏会のセットの華…

面白い! 「新・三銃士」

今週月曜から始まった、NHK教育の連続人形活劇「新・三銃士」。 期待通り、いえそれ以上に面白いです。 まずは、画面の美しさ。人形はもちろん、セットの作りこみも細かいけれど手作りの温かみもあって、見とれてしまいます。 キャラクターも徐々に個性が見…

楽しみ! 「新・三銃士」

NHK教育テレビではじまる、三谷幸喜さん脚色の人形劇「新・三銃士」。 いよいよ、10月12日からですね[E:happy01] 公式HPに掲載されている登場人物の人形が、とても素敵です。 この人形たちがどのように物語をつむぎだすのか、とっても楽しみです。

表現するということ

8/17放送の「爆笑問題のニッポンの教養」は、『表現力!爆笑問題×東京藝術大学』というスペシャル。以前にも、東京藝大の宮田学長の回があり、とても面白かったので、今回も楽しみでした。 爆笑問題は「漫才」、藝大の人々は「芸術(音楽や美術など)」とい…

爆笑問題のニッポンの教養

NHK総合 毎週火曜 夜11:00-11:30 に放送されている「爆笑問題のニッポンの教養」。大学教授をはじめとする、学問の最前線の専門家と、爆笑問題の二人の対談(トークバトル)番組。昨年秋ころから毎週見ています。 全然知らなかったし興味もなかった分野を研…

やさいのようせい N.Y.SALAD

今お気に入りのアニメです。NHK教育で月~金の朝7:40から放送されています。 愛らしい野菜の妖精のキャラクターたちの日常が、水彩画のような絵と、穏やかで温かい原田知世さんのナレーションで表現されます。とにかく愛らしくて、ずうっと眺めていたい気分…

「ザ・マジックアワー」感想

ザ・マジックアワー ブルーレイディスク(Blu-ray) ポニーキャニオン 発売日:2008-12-03 おすすめ度: amazon.co.jpで詳細をみる (Amazy) 「マジックアワー」とは、写真・映画の専門用語で、太陽が地平線に落ちてから光が完全に消えてなくなるまでの夕暮れ時…

「恐れを知らぬ川上音二郎一座」感想

三谷幸喜さん作・演出の舞台「恐れを知らぬ川上音二郎一座」感想。出演はユースケ・サンタマリアさん、常盤貴子さん他。シアタークリエのこけら落とし公演。三谷さん初の「商業演劇」

テレビ番組、捨てがたし

最近あまり見てよかったと思うようなテレビ番組がないな。。。と思っていたのですが、年始に2つ、心に響いた番組がありました。 1つ目は、1月2日、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀 イチロースペシャル」(http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/0…

「THE 有頂天ホテル」感想

THE 有頂天ホテル スペシャル・エディション 東宝 三谷幸喜(その他)役所広司(出演・声の出演)松たか子(出演・声の出演)佐藤浩市(出演・声の出演)香取慎吾(出演・声の出演)篠原涼子(出演・声の出演)戸田恵子(出演・声の出演)生瀬勝久(出演・声…

「決闘!高田馬場」感想

作・演出:三谷幸喜 出演:市川染五郎 市川亀治郎 中村勘太郎 市川高麗蔵 澤村宗之助 松本錦吾 市川萬次郎 2006年3月25日 WOWOW中継にて 面白かったです!正直、ここまで面白いとは思っていませんでした(スミマセン)。2時間強、テンポ良くあっという間に"駆…

「時効警察」が面白い

テレビ朝日系列で毎週金曜日深夜に放映中のドラマ「時効警察」にはまりつつあります。 内容は、「時効が成立した事件を"趣味"で捜査する警察官・霧山の活躍を描く、コメディーミステリー」。「コメディー」の文字からもわかるように、本格ミステリーでもなく…

バスガイドのみなさんといっしょ(ピタゴラスイッチ)

昨日の「ピタゴラスイッチ」(NHK教育。幼児番組と侮るなかれ、大人も思わず感心する、楽しめる番組です)の話です。その1コーナーである「アルゴリズムたいそう」はお笑いコンビ「いつもここから」の二人がいろいろな場所で真面目な顔で体操します。今日は…

NHK大河ドラマ「新選組!」

2004年のNHK大河ドラマ。脚本は三谷幸喜氏。 大河ドラマとしては異色かもしれないけれど、これほどまでに熱く哀しく切ないドラマはない、傑作だと思います。終盤は画面が見えなくなるほどの号泣の連続でした。全般の感想に変えて、32話、33話を見た当時の日…

「古畑任三郎 ファイナル」

第1夜:2006.1.3「今、甦る死」第2夜:2006.1.4「フェアな殺人者」第3夜:2006.1.5「ラスト・ダンス」 脚本家・三谷幸喜氏の出世作とも言えるドラマ「古畑任三郎」のファイナル。このドラマは、まずはじめに犯行の様子を見せて視聴者に犯人を明かした上で、…

「蘇える金狼」('99 日本テレビ)

原作:大藪春彦1999年 毎週土曜日9時~ 日本テレビ系列にて放映 土曜日9時という時間帯なのに大丈夫!?と思うほどのハードボイルドもの。松田優作主演で映画化されており、このTVドラマ版では主役の朝倉哲也役は香取慎吾さんが演じました。 このドラマを通…

「捜査検事・千草泰輔の事件ファイル 赤の組曲」

今日たまたまTVをつけていたら西村雅彦さんがサスペンスドラマのタイトルロール(番組名に名前がある「千草泰輔」役)!? 思わず全部観ました。 内容は、男女のなんとも悲しい物語でしたが、西村さんの凛とした雰囲気が素敵でした。 実は、直前に「古畑任三郎…